BOZAR 〈ボサール〉でのおすすめのクラシックコンサート情報

ブリュッセルにある「BOZAR 〈ボザール〉」では様々なアートやコンサートのイベントが行われています。その中からベル通スタッフがオススメの「クラシック・コンサート」をピックアップしました。

公式HP:http://www.bozar.be/
場所:Centre for Fine Arts / Henry Le Boeuf Hall  マップとアクセス方法


2022年12月4日(日) 11:00
場所:Centre for Fine Arts / Henry Le Boeuf Hall
Hall M
Rue Ravenstein 23 1000 BRUSSELS

Wake up with Brass and Percussion
金管楽器と打楽器との目覚め

<出演者>
Ward Opsteyn ,Leo Wouters ,Diego Hernandez Torresトランペット-Anthony Devriendtホルン- Sander Vetsトロンボーン-Stijn Aertgeerts チューバArthur Ros打楽器

<プログラム>
B.ブリテン/聖エドモンズバリーのためのファンファーレ
D.フリードマン&D.サミュエル/カルーセル
J.スティーヴンス/トライアングル
W.J.シンスタイン/ロック・トラップ
O.ベーメ/トランペット六重奏曲
L.バーンスタイン/プレスト・バーバロ(N.シェーターズ編曲)
H.アーレン/虹のかなたに
S.アールツヘールツ/舞い上がる
A.ドヴォルザーク/スラヴ舞曲作品46・1
G.F.ヘンデル/ハレルヤ(L.ヘンダーソン編曲)

<ひとこと>
ボザール・ネクスト・ジェネレーション・シリーズでは、ほぼ毎週日曜日の朝、若い才能ある演奏家達にステージの機会を提供しています。その前に(10~11時)Bozar Café Victorでの朝食(ミニ・クロワッサン2個、ジャム、コーヒーまたはオレンジジュース)をどうぞ。(前日金曜日の18時までに要予約)

<チケット> € 14(30歳未満:€ 10)

Wake up with Brass and Percussion | Bozar Brussels


2022年12月4日(日) 19:00 
場所:Centre for Fine Arts / Henry Le Boeuf Hall
‘Grigory Sokolov’
グリゴリー・ソコロフ

<出演者>
Grigory Sokolovピアノ

<プログラム>
H.パーセル/
全音階によるグラウンドZ.645  ト長調
組曲 第2番 ト短調 Z.661
新しいアイルランドの歌
新しいスコットランドの歌 ト長調 Z.655
シベル風トランペットの音色、ハ長調Z.T.678
組曲 第4番 イ短調 Z.663
ラウンド O Z.T684
組曲第7番 ニ短調 Z.668
シャコンヌ ト短調 Z.680
L.v.ベートーヴェン/15の変奏曲とフーガ 作品35(エロイカ変奏曲)
J.ブラームス/3つの間奏曲 作品117

<ひとこと>
グリゴリー・ソコロフはロシアのピアニスト。1966年、16歳でチャイコフスキー国際ピアノコンクールで優勝。1980年代後半から国際的に知られるようになりました。
ボザールの常連客でもあります。今回はイギリスの17世紀の作曲家ヘンリー・パーセルの作品を中心に、ベートーヴェンのエロイカ変奏曲とブラームスの美しい3つの間奏曲を加えたプログラムです。

チケット: € 22 - 44 - 60 – 78/ 30 歳未満:€ 11 - 22 - 30 - 39

Grigory Sokolov | Bozar Brussels


2022年12月6日(火) 20:00 
場所:Centre for Fine Arts / Henry Le Boeuf Hall
‘London Philharmonic Orchestra & Vladimir Jurowski’
ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団&ウラジミール・ユロフスキ

<出演者>
London Philharmonic Orchestra-Vladimir Jurowski指揮

<プログラム>
G.マーラー/交響曲第9番

<ひとこと>
ウラジミール・ユロコフスキは同管弦楽団の首席客演指揮者(2001~2007年)、首席指揮者(2007~2021年)を務め、現在はベルリン放送交響楽団の首席指揮者(2017~)、及びバイエルン国立劇場の音楽総監督(2021~)。
交響曲第9番を作曲すると、ベートーヴェンのように死んでしまうかもしれないと、、多くの作曲家がひるみます。グスタフ・マーラーもそれを恐れていて、9番目の交響曲には番号を付けずに「大地の歌」と名付けたそうです。そして、結局この第9番の(実際には10番目の)交響曲の作曲後に亡くなりました・・・。

チケット:€ 26 - 52 - 72 - 98/ 30歳未満 € 13 - 26 - 36 - 49
London Philharmonic Orchestra & Vladimir Jurowski | Bozar Brussels


2022年12月8日(木) 20:00 
場所:Centre for Fine Arts / Henry Le Boeuf Hall
‘Orchestre Philharmonique Royal de Liège - Franck: Les Béatitudes’
王立リエージュ フィルハーモニー管弦楽団-フランク:オラトリオ「至福」

<出演者>
Orchestre Philharmonique Royal de Liège - Hungarian National Choir ‐Gergely Madaras指揮 –  Anne-Catherine Gilletソプラノ- Justina Gringyteメゾソプラノ-David Bižićバリトン Patrick Bolleire、Karl-Heinz Lehnerバス-Eve-Maud Hubeauxコントラルト-John Irvin、Artavazd Sargsyanテノール

<プログラム>
C.フランク/オラトリオ「至福」

<ひとこと>

今年はセザール・フランク生誕200周年。その締めくくりにOPRL(王立リエージュフィルハーモニー管弦楽団)は、バッハのミサ曲ロ長調、ワーグナーのパルジファルと共に音楽芸術の重要な作品の1つと見なされ、作曲家の自信作であったとされるオラトリオ「至福」を演奏します。2時間近くに及ぶ大作ですが、20世紀初期には良く演奏される人気の作品だったそうです。ゲルゲイ・マドラシュはハンガリーの指揮者。2019年よりOPRLの音楽監督に就任。これまでにディジョン・ブルゴーニュ管弦楽団音楽監督、ハンガリーのサヴァリア交響楽団首席指揮者を歴任。

チケット:€ 10 - 12 - 20 - 30 – 40 / 30歳未満:€ 10 - 15 - 20

Orchestre Philharmonique Royal de Liège - Franck: Les Béatitudes | Bozar Brussels


2022年12月9日(日) 20:00
場所:Centre for Fine Arts / Henry Le Boeuf Hall
‘Belgian National Orchestra & Yamada’
ベルギー国立管弦楽団&山田和樹

<出演者>
Belgian National Orchestra-Kazuki Yamada(山田和樹)指揮-Camille Thomasチェロ

<プログラム>
L.ブレウェイズ/ローンの海岸沿い
B.ブリテン/チェロ交響曲 作品68
I.ストラヴィンスキー/ペトルーシュカ

<ひとこと>
山田和樹氏は2009年のブザンソン国際指揮者コンクール優勝。スイス・ロマン度管弦楽団の首席客演指揮者(2012~2018)を経て、日本フィルハーモニー交響楽団の正指揮者(2012~)、モンテカルロ・フィルハーモニー管弦楽の団芸術監督権音楽監督(2016~)、バーミンガム市交響楽団の首席客演指揮者(2018~)、読売日本交響楽団の首席客演指揮者(2018~)に就任。カミーユ・トマはベルギーのチェリスト。第21回クラシック音楽催行栄誉賞の最優秀新人賞を受賞。2018年のフォーヴスの「世界を変える30歳未満の30人」のリストにランクインしました。

チケット: €18 - 36 - 50 - 64/30歳未満:€ 10 - 18 - 25 - 32

Belgian National Orchestra & Yamada | Bozar Brussels


2022年12月10日(土) 20:00 
場所:Centre for Fine Arts / Henry Le Boeuf Hall
‘Patricia Kopatchinskaja & Fazil Say’
パトリシア・コパチンスカヤ&ファジル・サイ

<出演者>
Patricia Kopatchinskaja- ヴァイオリン -Fazil Sayピアノ

<プログラム>
L.ヤナーチェク/ヴァイオリンとピアノのためのソナタ
J.ブラームス/ヴァイオリンとピアノのためのソナタ 第3番 作品108
B.バルトーク/ヴァイオリンとピアノのためのソナタ 第1番 Sz.75

<ひとこと>
パトリシア・コパチンスカヤはモルドバ、オーストリア、スイスのヴァイオリニスト。2014年イギリスのロイヤル・フィルハーモニック協会の「インストゥルメント・オブ・ザ・イヤー」を受賞。ファジル・サイはトルコのピアニスト&作曲家。日本では「鬼才!天才!ファジル・サイ」のキャッチコピーで知られていた? エコー・クラシック賞に今まで3度受賞。この二人は長年デュオを組んでおり、息の合った演奏が期待されます。

チケット:€ 12 - 26 - 40 - 48/30歳未満:€ 10 - 13 - 20 - 24

Patricia Kopatchinskaja & Fazil Say | Bozar Brussels


2022年12月17日(土) 20:00 
場所:Centre for Fine Arts / Henry Le Boeuf Hall
Beethoven: Missa solemnis - Philippe Herreweghe’
ベートーヴェン:ミサ・ソレムニス -フィリップ・ヘルウェッヒ

<出演者>
Orchestre des Champs-Élysées-Collegium Vocale Gent-Philippe Herreweghe指揮-Eleanor Lyonsソプラノ-Eva Zaïcikメゾソプラノ -Ilker Arcayürekテノール -Ilker Arcayürekバリトン

<プログラム>
L.v.ベートーヴェン/ミサ・ソレニムス 作品123

<ひとこと>

ミサ曲の中でも偉大な作品の1つとされている、ベートーヴェンの「ミサ・ソレニムス」はベートーヴェン自身も「私の最大の作品」と記しています。また、「この壮大なミサに対する私の目的は、歌手と聴衆の両方の宗教的感情をかき立て、常に保たせることです。」と説明しています。

チケット:€ 22 - 44 - 60 - 78/30歳未満:€ 11 - 22 - 30 – 39

Beethoven: Missa solemnis - Philippe Herreweghe | Bozar Brussels


2022年12月21日(水)& 23日(金)18:00
場所:Centre for Fine Arts / Henry Le Boeuf Hall
‘Winter Concert - Mozart Viva la Libertà!’
冬のコンサート ― モーツァルト 自由万歳!

<出演者>
Belgian National Orchestra-Karin Hendrickson指揮-Louise Kuyvenhoven、Sawako Kayaki、Ecem Topcuソプラノ -Sébastien Parotteバリトン - Géraldine Aliberti芸術監督-Benjamien Lyckeビデオ-Françoise Purnodeパントマイム

<プログラム>
W.A.モーツァルト/「魔笛」、「ドンジョヴァンニ」、「フィガロの結婚」より抜粋

<ひとこと>
毎年、クリスマスの直前に、ボザールとベルギー国立管弦楽団は心温まるファミリーコンサートを開催します。今年は、フランスのアーティスト集団レ・クレ・デクテ(Les Clés d'Ecoute)が、モーツァルトの音楽に基づいたまったく新しい作品を上演します。パントマイムアーティストも登場し、ビデオ画像も使われます。

チケット:€ 10 - 16 – 32/30歳未満: € 10 - 16

青少年のためのコンサート
Winter Concert - Mozart Viva la Libertà! | Bozar Brussels


2022年12月30日(金) 20:00
場所:Centre for Fine Arts / Henry Le Boeuf Hall
‘La Monnaie Symphony Orchestra - Symphonie fantastique’
モネ交響楽団-幻想交響曲


<出演者>
La Monnaie Symphony Orchestra- Alain Altinoglu指揮-Alexandra Dariescuピアノ

<プログラム>
E.レイエ/序曲「シギュール」
C.フランク/ピアノと管弦楽のための交響的変奏曲
H.ベルリオーズ/幻想交響曲 作品14

<ひとこと>

モネ交響楽団は音楽監督であるアラン・アルティノグルと共に創立250周年記念の最後のコンサートで、19世紀のフランス・ベルギーの音楽に焦点を当てました。1884年にモネ劇場で初演された、フランス人作曲家アーネスト・レイエのオペラ「シギュール」より序曲、ベルギー人作曲家のセザール・フランクの交響的変奏曲、最後はフランス人作曲家のエクトル・ベルリオーズの幻想交響曲作品14で締めくくります。

チケット:€ 10 - 24 - 38 - 46/30歳未満:€ 10- 25 /15歳未満:無料(成人と一緒の場合)

La Monnaie Symphony Orchestra - Symphonie fantastique | Bozar Brussels