ベル通 フェイスブック


広告受付中です。様々な種類をご用意しています!詳細はこちらから。
スタッフ募集中。楽しくベルギーを発見してみませんか?スタッフに関する詳細は「こちら」でご覧下さい。お問い合わせフォームにてご連絡ください。

Click for Brussels, Belgium Forecast ベルギー
現在の気温




ブリュッセルの天気

 

座談会を開催しシリーズでお届けします!
No.1 「お肌のお手入れ、どうしていますか?」
ベルギーに来てから肌質が変わった、水が肌に合わない、など お肌の調子に悩む女性も多いようです。ちなみに、筆者もそのひとり。

良い化粧品が知りたい!適切なケア方法を知りたい!半ば個人的な興味心をもちつつ、今回はみなさんがどんなお肌のお手入れをしているのか、意見交換させていただきました。
【座談会にご参加いただいたのは以下の6名の女性】
Aさん:もともと混合肌で、ベルギーに来てから超乾燥肌に。
    L'OCCITANE、ROCを愛用。 ROCのリフトクリームはオススメです!
Bさん:もともと乾燥肌で、ベルギーに来てから顔の皮がむけてしまうほどの超乾燥肌に。
    CHANELを愛用。肌に合うものがあれば、リーズナブルなBODY SHOP もgood!だそう。
    ファンデーションをあまり使わないので、日焼け止めに気を使っています。
Cさん:もともとはオイリーだった肌もベルギーの水で普通~乾燥肌に。
    日本から買ってきた化粧品を使っています。
    トラブルが少ないので、香りのいい化粧品を選んで使っています。
Dさん:冬場の乾燥は気になりますが、あまりトラブルはありません。
    冬の化粧水はこってりタイプを買います。LANCOMEの化粧水がオススメ!
Eさん:混合肌でアトピー持ち。季節の変わり目や花粉症の時期は特に気を使います。
    AvèneのTrixéraシリーズ、HELENA RUBINSTEINのアンチエイジングを愛用。
Fさん:もともとは普通肌で、ベルギーに来てから乾燥肌に。ちりめんジワが気になっています。
    ドクターズコスメに興味があります。今はKiehl’sを好んで使っています。

スタッフ(以下S):みなさん、やはり気になるのは乾燥ですか?

Aさん:そうですね、乾燥も気になりますけど、カルキも気になります。
食器のまわりに着く白い石灰を見て、これで顔を削られているかと思うと・・・!怖いです。

Bさん:そうそう!だから私はこちらに来てから水道水で顔を洗っていません。基本的にふきとりで済ませていますよ。

S:なるほど。 でも正直なところあまりスッキリした感じはないのでは??

Bさん:そんなこともないですよー。

Dさん:前にファーマシーで、泡の洗顔料のようなもので顔を洗って、水を少しだけ含ませたスポンジでふき取るという方法を勧められましたことがあります。(記事:「ベルギーでのお肌ケア」参照)
もしかしたらベルギーの人はそういう方法を取っている人が多いのかもしれませんね。

S:ふむぅ。所変わればやり方も変わるんですね。他のみなさんはいかがですか?

Cさん:もともとオイリーだった肌がベルギーに来て乾燥し始めたのでびっくりしました。水が肌に合わないのかな、と。 でも、軟水化する器具を付けたら、肌も徐々に回復して、今では普通肌になりましたよ。

Eさん:私はもともとアトピー肌なので、乾燥には特に気を付けています。 お風呂上がりには、全身にAvèneの水スプレーをかけて、乾く前に化粧水、美容液…と。私にはこのやり方が合っているのか、これで結構乾燥を防げています。皮膚科では「La Roche-Posay」というブランドのものを良く処方されます。温泉水が入っていていいらしいです。あとは地肌も乾燥するので「Louis Widmer」というブランドのシャンプーを愛用してます。それと、同じものをずっと使い続けると肌が慣れてしまう気がするので、使う化粧品のブランドも頻繁に変えています。例えば、今はAvèneだけど次は他の自然派化粧品、その次はROC・・・ みたいに。

S:「輪作」的な(笑)?「今年は米作ったから、来年は豆だぞ」、という感じで。
ところで、アトピー肌用でオススメの化粧品はありますか?


Eさん:AvèneのTrixéraシリーズでしょうか。これはアトピー・超乾燥肌用のラインで薬局でも買えます。

Bさん:そのほかにもアトピー用の化粧品ありますよね?「A-DERMA」というブランド。ちょっとお値段はお高いですけど、夫が使っていて、ずいぶん症状が治まっている気がしますよ。

S:お肌の状態によっては、しみてヒリヒリしたり、一層悪化したりしますもんね。敏感になっている時期はアトピー用を使ってみるというのも手かもしれませんね。Fさんは何かありますか?

Fさん:乾燥から来るシワとたるみがすごく気になっています。紫外線も強いし、なんとなくシミも増えたような。でもヨーロッパってあまり“美白”とか“シミ消し”という化粧品はないんですよね。困ってます。
Bさん:そういえば、この前ICI PARIS XL で資生堂のホワイトニングを発見しました。日本で買うのと同じくらいの値段で売ってましたよ。(日本円で1万円程度?)

 

Aさん:「アンチエイジ」というワードが出てくるとついつい手がででしまいがちですよね(笑) 私はお化粧する前にROCのリフトクリームを使っているのですが、これもいいですよ。ROCはちょっと前まで匂いがいまいちだったのですが、改良されて香りも 気にならなくなったし。
Eさん:私はアンチエイジにHELENA RUBINSTEINの「PRODIGY POWERCELL」というのを使っています。シミに効いた美容液は、、、うーん、分かりません。

Dさん:そうそう、シミにスポットで効くという化粧品って存在しないそうですよ。売られているシミ対策も、ターンオーバーを高めて薄くする、というものだそうで、消すというのとはまた別。シミを根絶するにはレーザーしかないそうですよ。

S:ターンオーバーを早めれば、シミだけでなくてシワやたるみにも効きそうですよね。
やっぱりビタミンCとかが有効なんでしょうか??


Bさん:日本で言うところの「Obagi」みたいな?
Dさん:たぶんビタミンCでも効果あると思います。ちなみに、AURIGAというブランドはベルギーのブランドで、ここのビタミンCのクリームは良いらしいです。まだ使ったことはないけど、興味あります。

〈※右の写真はAURIGA のビタミンCクリーム(試供品)〉
S:みなさん、化粧品はいろいろとお試しになっていらっしゃるようですが、失敗したことはありますか?

Bさん:日本でもよく売っている「ロ●アル」、あれは汚れが落ちないし、肌にヒリヒリしました。あとはスイスのオーガニックブランドの「ヴェ●ダ」のクリーム。顔用なのに固くてハンドクリームみたいでした。

Eさん:フランスの「コ●ダリー」は全体的にさっぱりしすぎていて、私には合いませんでした。

S:そのブランド、日本では結構人気ですよね?やっぱり日本の乾燥具合とベルギーの乾燥具合は違うということなんでしょうか???


Dさん:ピーリングの化粧品はちょっと日本のものよりは刺激が強い気がします。肌が相当ごわついて、厚くなってきたなーと思って初めて使うようにしています。例えば「クリ●ーク」の拭き取り化粧水はちょっと刺激が強いので、肌がごわついているときは良いのですが、普段使いにはちょっと。。。

S:確かそのブランドは、日本と海外で配合が違うラインがある、と聞いたことがあります。他のブランドでもそういうブランドがあるのかもしれませんね。

S:本日はありがとうございました!!大変勉強になりました!!

※本座談会でご紹介した化粧品の使用感には個人差がございます。あらかじめご了承ください。



次回へ>>

ホームへ  座談会リストへ