ベル通 フェイスブック


広告受付中です。様々な種類をご用意しています!詳細はこちらから。
スタッフ募集中。楽しくベルギーを発見してみませんか?スタッフに関する詳細は「こちら」でご覧下さい。お問い合わせフォームにてご連絡ください。

Click for Brussels, Belgium Forecast ベルギー
現在の気温




ブリュッセルの天気

 

No.3 音響技師のヒエルト・ドゥ=デーケンさんにインタビュー
(前編)
ベルギーの首都ブリュッセルを代表する歌劇場、王立モネ劇場。(2年前まで日本人指揮者、大野和士さんが正指揮者として活躍されていました。)

そのモネ劇場で、裏方の「音響技師」というお仕事をされているヒエルト・ドゥ=デーケンさんにインタビューしました。

インタビュー前編はモネ劇場での仕事についてです。

神田: いつ、どのように音響や録音の仕事をしようと思うようになったんですか?

ヒエルト:12歳の時からです。両親がアマチュアの合唱団で歌っていて、コンサートを録音したいと言われ、その時に録音を始めました。

神田:DATとかでですか?

ヒエルト:いや、DATはアマチュアには高いです。MDやコンピューターです(笑)。それで、大学に入る前、進路を決める頃、映画学校を訪れたんです。そこには沢山良い録音機械があって。僕は感動して「これをやりたい」って決めました。

神田:どこにあるんですか?クラシック用ではないですよね?

ヒエルト:サンカテリンヌの近くにキャンパスがあり、モンゴメリーの近くにはスタジオがあります。 クラシックも出来ますよ。テレビ用ですが音響は悪くないです。


神田:モネ劇場では音響技師としてどんな事をしているんですか?

ヒエルト:沢山の事をしています。オペラが一番主な仕事ですが、特に沢山する事があります。舞台の大道具の陰とかに歌手用にスピーカーを置きます。舞台の奥ではオーケストラが聞こえないんですよね。それから効果音(爆弾の音とか、ピストルの音とか)を作成したり、本番でそのタイミングでボタンを押したり(笑)。曲によっては「セットの中に演奏家を配置」と書かれているので、そこに演奏家が行って演奏するのですが、ホールでは何も聞こえないんです(笑)。だから彼らの音をマイクで拾ったりするんですよ。例えばドン・ジョバンニでは、お墓の中で歌うというシーンがあるので、エコーをかけて幽霊のように聞こえるようにしたりもしました。また、全てのオペラを録音したり、映像を撮ったりもします。最近はポッドキャスト等を準備しています。ポッドキャストでストリーミング出来るように。

神田:生中継ですか?

ヒエルト:生中継ではないですが、3ユーロくらいでネットで購入できるようにするんです。最近はあまりCDが売れなくなりましたからね。

神田:残念ですよね。CDはやっぱり綺麗だと思います。

ヒエルト:そうですね。綺麗なジャケットを作ったりと個性が出ますね。

神田:そうですよね。昔はあのCDは確か「緑のジャケットの…」「あの写真が…」って探したりしてましたよね。今は、「あっ、その曲持っているはず!ちょっと待って…」でカチャカチャとコンピューターで再生する。(一同笑)

神田:指揮者だった大野和士さんはどんな方でしたか?

ヒエルト:えっと…良い人でしたよ。(一同笑)

神田:うーん、例えばどんなリハーサルでしたか?私の知り合いからは彼はとても静かでイライラしたりする事がなかったと聞きました。

ヒエルト:そうですね。彼はとってもエネルギーがあって、沢山勉強していて、それを音楽家に渡す事が出来る人でした。だから彼がオーケストラの前に立つと、オーケストラからエネルギーを引き出す事が出来て、音楽にも感じるのです。それにすごく親切で、問題があれば聞いてくれる人でした。そう言えば、ドン・ジョバンニでは扉を強く叩く音が必要だったんですよ。それで彼は僕たちの仕事場にやって来て、そこら中を叩き出したのです(笑)。それである時点で「僕はこういう音が欲しいんです!」と言うから、その場でそれを録音しました(笑) 。

神田:そういえば、NHKが大野さんのドキュメンタリーを撮りに来た時に映ってましたよね!

ヒエルト(と奥様):本当に!?

神田:えっと…ヒエルトさんの立てたマイクが映ってましたよね。 (一同笑)

*次回のインタビュー後編はモネ以外でのお仕事についてです。


 <<前回へ    次回へ>>


神田望美 (かんだ のぞみ):ベルギーを中心に演奏活動を繰り広げているフルーティスト。 日本、西欧諸国、ノルウェー、チュニジアの音楽祭、コンサートにも出演し、各国の新聞にて好評を得る。 室内楽を主に多くの音楽家と活動する一方、フルートアンサンブル4Tempi のメンバーとして活躍。故西沢幸彦氏の影響を強く受け、新境地の開拓を目指し、邦楽器、語り、日本の音楽をプログラムに取り入れるなどの試みをしている。ブリュッセル王立音楽院フルート科教職課程を修了し、ベルギー公立のアカデミーの代理講師、Dinant International summer academieにて指導。Atelier de Fluteを立ち上げ指導を行う。日本でもセミナーや吹奏楽部指導などを定期的に行っている。これまでに高橋あかね、植村泰一、西沢幸彦、マルク・グローウェルス氏に師事、ヴァンサン・リュカ、ヴァンサン・コルトブリントらのセミナーに参加。 フェリス女学院大学音楽学部、王立モンス音楽院卒。公式HPブログも絶賛更新中!


                         ホームへ