ベル通 フェイスブック


広告受付中です。様々な種類をご用意しています!詳細はこちらから。
スタッフ募集中。楽しくベルギーを発見してみませんか?スタッフに関する詳細は「こちら」でご覧下さい。お問い合わせフォームにてご連絡ください。



Click for Brussels, Belgium Forecast ベルギー
現在の気温




ブリュッセルの天気

イベント
ベルギーでのお勧めイベント情報です。    ホームイベント記事一覧>ボザール クラシックコンサート

「BOZAR 〈ボサール〉」でのおすすめコンサート情報 

ブリュッセルにある「BOZAR 〈ボザール〉」では様々なアートやコンサートのイベントが行われています。その中からベル通スタッフが2017年4月末までのオススメの「クラシック・コンサート」をピックアップしました。

公式HP:http://www.bozar.be/
場所:Centre for Fine Arts / Henry Le Boeuf Hall  マップとアクセス方法

2017年4月18日(火) 20:00 
場所:Centre for Fine Arts / Henry Le Boeuf Hall
LA MONNAIE SYMPHONY ORCHESTRA / CONCERTO FOR ORCHESTRA
モネ管弦楽団/オーケストラのための協奏曲

<出演者>  
La Monnaie Symphony Orchestra – Alain Altinoglu 指揮 – Nicholas Angelich ピアノ

<プログラム>
武満 徹/弦楽のためのレクイエム
サン・サーンス/ ピアノ協奏曲第5番 作品103,『エジプト風』
ヤナーチェク/シンフォニエッタ

<ひとこと>
ニコラス・アンジェリック(Nicholas Angelich )はアメリカのピアニスト。1989年のロベール・カサドシュ国際ピアノコンクール(USA)で第2位、1994年のジーナ・バッカウアー国際ピアノコンクール(USA)で1位を受賞しました。
サン・サーンスのピアノ協奏曲第5番『エジプト風』はサン・サーンスがカイロ滞在中に作曲され、エキゾチックな雰囲気が反映されています。
武満徹は日本を代表する現代音楽作曲家の一人。『弦楽のためのレクイエム』は武満徹の初期の代表作として知られています。
ヤナーチェクのシンフォニエッタはこの作曲家の最晩年の管弦楽作品です。村上春樹の小説『1Q84』で繰り返し登場します。

チケット:10〜44 €


2017年4月23日(日) 15:00 
場所:Centre for Fine Arts / Henry Le Boeuf Hall
NATIONAL ORCHESTRA OF BELGIUM
ベルギー国立管弦楽団

<出演者>  
National Orchestra of Belgium - Andrey Boreyko 指揮– Marc Bouchkov ヴァイオリン

<プログラム>
メシアン/管弦楽のための交響的瞑想『忘れられた捧げもの』
シベリウス/ヴァイオリン協奏曲
ブラームス/ピアノ五重奏曲 第1番 作品25(シェーンベルク編曲によるオーケストラ版)

<ひとこと>
マルク・ボウチコフ(Marc Bouchkov )はベルギーのヴァイオリニスト。2012年のエリザベート王妃国際音楽コンクールのファイナリスト。
シベリウスのヴァイオリン協奏曲はよく演奏される協奏曲ですが、大変な難曲の一つです。
ブラームスの「ピアノ五重奏曲第1番」をシェーンベルクがオーケストラ版編曲した作品です。シェーンベルクはブラームスのこの作品が気に入っていましたが、めったに演奏されないため、オーケストラ用に編曲して普及するようにしたかったのだそうです。

チケット: 12〜46€


2017年4月23日(日) 20:30 
場所:Centre for Fine Arts / Henry Le Boeuf Hall
DIANNE REEVES & THE LUXEMBOURG PHILHARMONIC ORCHESTRA
ダイアン・リーヴス&ルクセンブルグ・フィルハーモニー管弦楽団

<出演者>    
Orchestre Philharmonique du Luxembourg – Wayne Marshall 指揮 – Dianne Reeves ヴォーカル– Peter Martin ピアノ  – Romero Lubambo ギター– Reginald Veal ベース – Terreon Gully ドラム

<ひとこと>
ダイアン・リーヴス(Dianne Reeves )はアメリカのジャズ歌手。現代最も重要なジャズ歌手と見なされています。ウィントン・マルサリス(ジャズ&クラシックトランペット奏者&作曲家)曰く、「彼女は最もパワフルで、ピュアで凛々たる声の持ち主の一人だ。」
ルクセンブルグ・フィルハーモニー管弦楽団、リーヴスと彼女のバック・バンドの共演による、ジャズ、ポップス、そしてクラシックを含めたガラ・コンサートです。
2015年のベスト・ジャズ・ヴォーカル・アルバムでグラミー賞を受賞したビューティフル・ライフより『ストーミー・ウェザー』、『ウェイト・イン・ヴェイン』、ガーシュインの『エンベラス・オブ・ユー』、シアリングのバードランドの子守唄等が歌われます。

チケット: 12〜46€


2017年4月25日(火) 19:00〜20:45 
場所:Centre for Fine Arts / Henry Le Boeuf Hall
LUKÁŠ VONDRÁČEK
QUEEN ELISABETH INTERNATIONAL PIANO COMPETITION 2016
ルカス・ヴォンドラチェク
2016年エリザベート王妃国際音楽ピアノコンクール

<出演者>
Lukáš Vondráček ピアノ

<プログラム>
ショパン/4つのスケルツォ
ブラームス/ソナタ 第3番 作品5

<ひとこと>
ルカス・ヴォンドラチェク(Lukáš Vondráček)はチェコのピアニスト。2016年のエリザベート王妃国際音楽コンクールの優勝者です。コンクールでの彼の印象的な演奏(ラフマニノフのピアノ協奏曲第3番)に、マチルド王妃は涙を浮かべられたそうです。

チケット: 18€

==============================

ボザールへのアクセス方法&マップ
チケット購入の詳細


その他の音楽のComing up プログラム(公式サイトのページへ飛びます)
ワールドミュージック
ジャズ
エレクトロニック・ミュージック



ホームへ | イベントトップへ | イベント記事一覧へ