ベル通 フェイスブック


広告受付中です。様々な種類をご用意しています!詳細はこちらから。
スタッフ募集中。楽しくベルギーを発見してみませんか?スタッフに関する詳細は「こちら」でご覧下さい。お問い合わせフォームにてご連絡ください。

Click for Brussels, Belgium Forecast ベルギー
現在の気温




ブリュッセルの天気

 


No.2 チコリーとエンダイブ

「チコリー」(学名:Cichorium intybus)はベルギーでよく食される野菜です。ベルギーでのチコリーの名称は、フランス語ではChicon、フラマン語ではWitloofです。

チコリーのグラタンはベルギー料理の中でも代表的なメニューのひとつで、ハムが巻いてあるのが一般的ですが、スモークサーモンが巻いてあるものも時に見かけます。少し苦みがありますが、生のままオードブルやサラダにして食べても美味しいですね。

チコリーのレシピ集 チキンとちこりの蒸し煮|チコリとツナ缶のホットサラダ|チコリとモッツァレラチーズとトマトのサラダ|チコリのきざみサラダチコリとエビの天ぷらそぼろ味噌とライスのチコリ添え」 By サラダコスモ
「エンダイブ」(学名:Cichorium endivia)は一見レタスに見えますが、レタスの仲間ではなくチコリーと同じキク科の野菜です。

広葉タイプのものと葉の形状がギザギザで縮れ葉タイプのものがあり、広葉のものはベルギーではScarole(フランス語)/Andijvie(フラマン語)と呼ばれ、4月頃からマルシェやスーパーに並びます。縮れ葉のものもスーパーでよく見かけますが、このタイプはFriséeと呼ばれており、サラダなどに使われます。フランスでは縮れ葉タイプはChicorée Friséeと呼ばれています。
エンダイブはチコリーと同様に苦みがあるのが特徴です。広葉タイプはアクが強く生で食べるよりも湯通しもしくは茹でるなど、アク抜きしてからの方が食べ易いでしょう。サラダにする場合は、ホットドレッシングをかけると苦みが和らぎます。ベルギーの食卓ではクリーム煮にしてよく食されています。

Keyakiシェフのレシピ集にあるエンダイブのおひたし、ポーチドエッグ添えは広葉タイプのエンダイブです。茹でるので苦みも残らず、ごま油と卵でマイルドな味になります。おすすめの一品です!
(Texts advised by Keyaki)

チコリやエンダイブは日本国内でも購入できます。 
 

                <<前の食材へ    次の食材へ>>

 

Keyakiシェフのエンダイブを使ったレシピKeyakiシェフのレシピ集Keyakiシェフへのインタビュー

 

ホームへ  料理(食材・レシピ)トップへ  飲む・食べるトップページへ