ベル通 フェイスブック


広告受付中です。様々な種類をご用意しています!詳細はこちらから。
スタッフ募集中。楽しくベルギーを発見してみませんか?スタッフに関する詳細は「こちら」でご覧下さい。お問い合わせフォームにてご連絡ください。


Click for Brussels, Belgium Forecast ベルギー
現在の気温




ブリュッセルの天気







飲む・食べる
ベルギーのお土産に関する情報ページ       ホーム飲む・食べる>おみやげ>第2弾お土産特集

ベル通スタッフおすすめ!
ベルギーからのお土産特集 No.2
             【2014-3-31】【おみやげ】

ベル通スタッフが、実際に「買って喜ばれた!リピート買いしている!」オススメのお土産をご紹介するシリーズ第2弾です。食いしん坊なスタッフがそろっているせいか、今回も出そろったのは主に食べ物。でもちょっと高価値品や限定品もご紹介しています。
限りあるトランクのスペース、重量、予算…迷ったときのご参考に!

【チョコレート】
ベルギー土産で期待されるのは、やっぱりコレ!
有名ショコラティエのプラリネはもちろん、スーパーで手に入るチョコレートもお土産に最適。

NEW TREEの板チョコ
「しょうが、タイム、ラベンダー、チリペッパーなど、めずらしいフレーバーが多いので、楽しんでもらえます。」
New Tree チョコレート

ガレーのチョコレートガレー(Galler)の筒入りチョコ

「持ち運びやすく、お値段も手ごろでまさにお土産にうってつけ。味もヌガーの粒入りでおいしい!」
「スーパーでも買えるし、ガレーはベルギー王室御用達のチョコレート!」

Dolfinの箱チョコ

色々なフレーバーがあり、セットになっています。
(シナモン、ミルク、ラベンダー、ローズなど)
パッケージのルックスも可愛い。

チョコペースト

「温度が気になる夏に、チョコレートをリクエストされた時はこれ。デレーズなどのスーパーのブランドなど紙ケース入りやプラスチック容器の物なら重量もクリア!」

【フリッツソース】
 
サムライ、ブラジル…名前も面白い!ベルギーといえばフリッツ

「フリッツ以外につけてもおいしいので、活躍度大。
小さいサイズのセットが売っていることもあるようです。」
*写真はd&Lのサムライソース


【はちみつ】  お値段も手ごろです!

「日本より種類が豊富なので、めずらしい種類を選べばいいお土産に。ただし、瓶は重いのでプラスチック容器がおすすめ!」
*写真のMELIはベルギーブランドで、アカシアやオレンジやライムのはちみつが発売されています。


【アルコール類】重量が許すなら…

瓶は特に重いですね。でも日本では手に入らないお酒だと価値あり?!
「ベルギー産のジンの一種『peket(ペケ、リエージュ特産)』や『Jenever(ジェネヴァー、ハッセルト特産)』はレアですよ。アルコール度の強い原酒もありますが、レモンなどアロマ付きのものや、女性でも飲みやすいのはレモンやグレープなどのフルーツ味やスペキュロス味など、色々なフレーバーがあるので、お酒好きの方向けにはユニークなお土産に」


*Photo:https://www.facebook.com/pages/PEKET/41869171075



【ハンドクリーム】
とっても潤うベルギーのハンドクリーム。

ラクダの絵がデザインされたレトロな缶入りハンドクリーム。ベルギーのドラッグストアにて手頃な価格で購入できます。長年、工事現場等の労働者の間で使用されているクリームだとか。獣的な匂いがしますが、使用感はバターほどこっくりしていてとても潤います。


【ゴブラン織り】大切な方へのお土産に

ゴブラン織りはベルギー北部(フランダース地)が発祥といわれる織物で、昔は壁掛けなど住居の大きな装飾品だったそうです。今も壁に掛けるゴブラン織りの絵が売られている事もあります。

「ストールをプレゼントしたら、とても喜ばれました。」
「クッションケースやバッグも落ち着いた雰囲気で、母へのお土産にしました。」


【アンティーク・レース】
高価ですが、こちらも大切な方へのお土産にピッタリ

ボビンレースはかつてベルギー北部(ブルージュ)で盛んに作られた歴史があります。 おすすめは本物のアンティークのレースを部分的に切り取りフレームに入れたもの。

「義母の誕生日のお祝に。アンティーク好きなので、すごく喜ばれました。」


【ハードロックカフェのグッズ】数年前にはなかったお土産!
グランプラスにハードロックカフェがあり、ショップで限定品も。
「ブリュッセル限定グッズは、話題性も十分!」「お友達にコレクターがいたらこれはおすすめ」


【おすすめ記事】
『ベル通スタッフおすすめ! ベルギーからのお土産特集 No.1』
 第一弾はこちらをご覧ください。


ホームへ | 飲む・食べるトップページへ