ベル通 フェイスブック


広告受付中です。様々な種類をご用意しています!詳細はこちらから。
スタッフ募集中。楽しくベルギーを発見してみませんか?スタッフに関する詳細は「こちら」でご覧下さい。お問い合わせフォームにてご連絡ください。


Click for Brussels, Belgium Forecast ベルギー
現在の気温


ベルギービールジャパン



ブリュッセルの天気

飲む・食べる
ベルギーでのベルギービールの情報です。    ホーム飲む・食べるレストラン・カフェ>De Halve Maan
De Halve Maan (ドゥ・ハルブ・マーン) 醸造所   2015-12-20 【ビール】
ブルージュ唯一の醸造所。観光中でもブラッスリーで食事&醸造所見学はいかが?
ブルージュの『ドゥ・ハルブ・マーン (De Halve Maan)』に行ってきました。1856年から家族6代に渡って営んでいる伝統ある醸造所です。「De Halve Maan」とはオランダ語で半月という意味。醸造所は顔のついた三日月が目印です。最盛期は32もの醸造所がありましたが、現在はブルージュ唯一の醸造所となってしまいました。ここでは醸造所の見学ができ、ショップでの買い物や食事も楽しめるブラッスリーも併設されています。

街の中心地の近くに位置しているので観光の合間に行くにも便利なところです。マルクト広場からは徒歩10分と近く、今回はランチも兼ねて行ってきました。

醸造所ツアーは約45分で、事前にWebサイトでの予約も出来ますし、直接併設のショップでチケットを購入することも可能です。私達は直接ショップで購入しましたが、団体客も入りますので事前にWebサイトで購入しておくほうが確実です。英語、フランス語、オランダ語のツアーをほぼ1時間毎にやっています。

 
<左:ショップの入り口に“TICKETS”と書いてあります>
<右:レストランの入り口に各言語のツアーのスケジュールが書いてあります>

私達はまずはランチをして、その後に醸造所ツアーに参加することに。 レストランはショップの上にあり、とても広く(約400人収容可能)オシャレで洗練された感じ、店員さんも英語で対応してくれます。

ランチメニューはその日の新鮮な食材を使ったフランダース料理で、前菜とメインで19ユーロ、デザートを付けると24ユーロでした。値段、味、量ともに、とても満足できる内容です。

前菜1種類、メイン1種類を選びます。 (写真は2人分でそれぞれ違うものを選択)


前菜  <左:マッシュルームスープ><右:パテ>


メイン   <左:キッシュ><右:魚介のワーテルゾーイ(ベルギー伝統料理)>

そしてお待ちかねのビールです。
De Halve Maan醸造所では、4種類のビールを造っています。ブルージュのアイコンともなっている「Brugse Zot」のブランドで2種類(Blonde、Dubbel)、「Straffe Hendrik」という半月の絵がラベルに描いてある高アルコールビールで2種類(Tripel、Quadruppel)展開しています。



写真は左からStraffe Hendrik Quadruppel(3.25ユーロ、度数11%)、Straffe Hendrik Tripel(3.75ユーロ、度数9%)、Brugse Zot Blonde(4ユーロ、度数6%)、Brugse Zot Dibbel(4.25ユーロ、度数7.5%)です。

一番有名なのは何と言ってもBrugse ZotのBlondeでしょう。このビールは6代目の現経営者ザビエル氏が手掛け、世界中でいくつもの賞を受賞しています。爽快なのどごしとフルーティな味わいが特徴の飲みやすいビールです。Dubbelの方も爽やかで、アイスコーヒーのようなほのかな苦みがある軽やかなブラウンエールです。

ちなみに「Brugse Zot」とはブルージュの愚か者という意味。神聖ローマ皇帝マクシミリアン1世がブルージュを訪れた際の逸話に由来し、皇帝を迎え入れるパレードで浮かれ騒ぐ市民を見てそのように形容したそうです。

「Straffe Hendrik」も同じくブルージュ市民からとても愛されているビールです。Tripelはとてもエレガントで風味豊かなビール。蜂蜜のような甘さと柑橘系の香りがマッチして豪華な味わいです。Quadruppelは甘く、濃く、強い贅沢なビールです。ゆっくりと時間をかけて飲みたいですね。

このStraffe Hendrikは4代目のヘンリック氏と、その娘の5代目のヴェロニク氏が手掛けたビールです。一時は醸造所と共にこのビールの商標も別の醸造所に売却されてしまいましたが、現経営者のザビエル氏によって2005年に買い戻されました。

食事の後は醸造所見学へ。昔と今の設備が共存しているユニークな醸造所で、博物館的な役割も果たしています。

まずはマッシング(モルトの粉砕)や加熱、ホップの添加をする部屋でビール造りの概要を聞きます。実際に機械が動いているのを見ることが出来ました。その後は階段を上って、以前使っていた設備を見学することが出来ます。

見学のコースの途中、現在の設備もちらりと見ることができ、新旧両方のギャップも楽しめます。

<屋根裏部屋の展示室> <冷却槽>

屋根裏部屋には、かつて使っていた醸造設備や昔の瓶や樽、ポスターなどが展示されており、屋上に続く部屋は一面冷却槽になっていました(まるでランビックビールのような冷却槽でびっくり)。 屋上に出ると、ブルージュの街が一望できてとってもキレイですよ。ガイドの方が撮影タイムも設けて下さるのでぜひ記念写真を撮っていってください。 急な階段もありますので、足に自信のない方や小さなお子様は気をつけて下さいね。

<屋上からの風景> <見学の途中で覗ける現在の設備>


【De Halve Maan】
住所: Huisbrouwerij De Halve Maan – Brugge, Walplein 26, 8000 Brugge
Tel:+32 (0)50 44 42 22
ツアー予約:直接併設のショップでチケットを購入、またはWebサイトで購入
見学スケジュール:毎日、11時~16時まで1時間毎、英語、フランス語、オランダ語
※土曜日は17時まで
※15時のみツアーなし
HP: http://www.halvemaan.be/en
料金:ツアー+テイスティング1杯⇒8ユーロ



ホームへ  飲む・食べるトップページへ ベルギービールのページへ