ベル通 フェイスブック


広告受付中です。様々な種類をご用意しています!詳細はこちらから。
スタッフ募集中。楽しくベルギーを発見してみませんか?スタッフに関する詳細は「こちら」でご覧下さい。お問い合わせフォームにてご連絡ください。


Click for Brussels, Belgium Forecast ベルギー
現在の気温


ベルギービールジャパン



ブリュッセルの天気

飲む・食べる
ベルギーでのベルギービールの情報です。    ホーム飲む・食べるビール・お酒>Du Bocq

デュ・ボック醸造所 (Du Bocq Brewery)       2018-2-28 【ビール】
アルデンヌの醸造所で見学&ビールテイスティング 

デュ・ボック(Du Bocq)醸造所は、アルデンヌの田舎町に佇む白壁の可愛らしい醸造所です。アルデンヌの町は灰色の石を使った家が多く、ブリュッセルやベルギー北部のフランダースとはまた違った景色を見ることが出来ます。のどかな風景を楽しみながらブリュッセルから南東に約1時間のドライブ到着です。


<醸造所近くのアルデンヌの風景>

<醸造所正面>

デュ・ボック醸造所は1858年創業の家族経営の伝統ある醸造所。元々は農業を営んでいましたが、農場の近くで水質・水量共に素晴らしい井戸が発見されてからは、冬の閑散期にビールを醸造していました。

この醸造所の代表的なビールは何といっても創業当初から造られている「ゴロワーズ(GAULOISE)」でしょう。ゴロワーズとは、紀元前に西ヨーロッパに住んでいたガリア人(ケルト人)のことで、ベルギー人の遠い祖先にあたります。今は醸造所の写真がこのビールのラベルになっていますが、かつてはゴロワーズがビールを片手に踊っている絵が描かれていました。ゴロワーズは紀元前数百年頃から既にビール醸造の技術を持ち、ビールを飲んでいたそうです。 現在デュ・ボック醸造所では、ゴロワーズを筆頭に、ホワイトビールやセゾンビールなど様々なビールを醸造しています。

醸造所見学は約40分のツアーを1日2回行っています。予約は不要ですのでツアー開催日をHPでチェックして行ってみて下さい。夏のバカンスシーズン(7月、8月)は毎日ツアーを開催しています。ツアーは参加者に応じてフランス語、英語、オランダ語で行います。

ツアーはまずは醸造所の紹介があり、その後モルト(大麦麦芽)の説明がありました。3種類のモルトを食べ比べることも出来ます。ポリポリとしていて香ばしく美味しかったです。

次はマッシングと言う、モルトとお湯を混ぜ、甘い麦汁を造る工程を見せてもらいました。この大きなやかんのようなマッシュタンという設備の中で行います。中も見ることが出来ました が、とても広く(床の下まで深く造られています)、掃除をする時はこの中に人が入って行うそうです。 マッシングの過程で造られた麦汁はその後1時間煮沸され、ホップや様々なスパイス(オレンジピールやアニス、コリアンダーなど)が添加され、この醸造所で造られるビールの種類はこの工程で決まります。

次は発酵の工程です。酵母添加後、発酵は4~5日かけて行われ、デュ・ボック醸造所では上面発酵(常温での発酵)のビールを製造しています。発酵では麦汁がアルコールと二酸化炭素に変わります。発酵に使われた酵母は集められ、再度別の麦汁の発酵に使われるそうです。右の写真が集められた酵母です。 今回初めて酵母を見ることができ、とても貴重な体験でした。

発酵後、ビールは熟成タンクに移され、0度で3~5週間熟成されます。その後熟成の過程で下部に沈殿した酵母を濾過し(ホワイトビールを除く)、最終工程である瓶詰め、そして瓶内二次発酵へと進みます。瓶内二次発酵とは、ベルギービールでよく見られる製造方法ですが、瓶詰めしたビールに再度酵母と酵母のえさとなる砂糖を添加し熟成させる2回目の発酵のことです。これによりアルコール度数は少し上がります(Du Bocq醸造所では0.5%上昇)。そしてこれで全ての醸造過程は終了で、ここまでに2カ月の期間を要します。 ちなみに、よくレストランなどで見かける「樽出し」のビールはこの瓶内二次発酵を行っていませんので、樽出しビールは瓶ビールよりも少し度数が低く、フレッシュな感じを味わうことが出来ます。デュ・ボック醸造所では瓶と樽の2種類を製造しています。(瓶内二次発酵がないビールは瓶も樽出しも同じです)



さて、最後はテイスティングの時間です。併設のカフェで好きなビールを選ぶことが出来ます。今回はデュ・ボック醸造所の看板商品であるゴロワーズのBlond(左:アルコール度数6.3%)とAmber(右:アルコール度数5.5%)の樽出しにしてみました。キレとホップの苦みが喉に心地よいビールです。少しスパイスも入っているそうです。

デュ・ボック醸造所では従業員50名足らずの家族経営の小さな醸造所ですが、多くのライ ンナップを揃えており、ビールは代表作であるゴロワーズブランドが6種類、Blonche de Namur(ホワイトビール)が2種類、Fruit Bocqというホワイトビールをベースにリンゴジュースやベリージュースを加えたライトビール、SAINT-BENOÎT BLONDE というアベイビール、Saison 1858というセゾンビールを造っています。

予約も必須ではなく料金もお手頃ですので、ワロン観光の途中に立ち寄ってみるのはいかがでしょうか?

【Brasserie Du Bocq】
住所:Rue de la Brasserie 4, 5530 Purnode
Tel:+32 82 61 07 80
E mail:visite@bocq.be
HP:http://bocq.be/en/
ツアー予約:不要。併設のカフェで支払う。
料金:醸造所ツアー:6ユーロ (テイスティング1杯含む)
ツアースケジュール: 年間スケジュールが決まっており、HPで確認出来ます。 学校の休暇期間は毎日で、4月から11月中旬までは週末に午後2時~と午後5時~行われています。チケットは午後1時半から販売開始です。
営業日:年間スケジュールをHPで確認
(フランス語、英語、オランダ語ツアー有り )
駐車場:醸造所前に無料駐車場有り

 



ホームへ  飲む・食べるトップページへ ベルギービールのページへ